たかのエンタメまとめ速報

2chやyahooなどのエンタメ系の話題のスレ・笑えるスレ・ 芸能ニュース・画像まとめなど面白いと思ったスレを いろいろとまとめて配信してます。

    カテゴリ:芸能 > 映画



    1 muffin ★ :2018/05/30(水) 16:01:41.78 ID:CAP_USER9.net

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1022935/
    2018年05月30日 11時00分

     俳優の玉木宏(38)、木村佳乃(42)、満島真之介(28)らが28日、都内で行われた映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(7月13日公開)の記者会見に出席した。

     前作「ジュラシック・ワールド」(2015年)に続き、玉木と木村は今作でも日本語吹き替え版の声優を務める。3年ぶりに主人公・オーウェンを演じる玉木は「3年前よりも体力は上がってきている。意識的に運動をするようになったので、それは自信を持って言えます」と力を込めた。

     一方、恐竜保護団体(DPG)を立ち上げるクレア役の木村は「私は衰える一方です…。前作は30代最後の年で、42歳になりました。はぁ~。老化現象を感じます。経験は増えてまいりましたので、ごまかしていきたい」と苦笑い。

     新作の収録については「叫び声、うめき声、あえぎ声などで前回は喉を潰してしまったので、今回は喉を潰さないようにしたい」と意気込んだ。

     最近、洋画の大作では俳優、アイドル、お笑い芸人などを日本語吹き替え版に起用することが多い。しかし、ネット上で「イメージと違う」「ヘタすぎる」など酷評されることも目立つ。

    「前作では玉木さんを称賛する声が多かった一方、木村さんは本人が『声を潰してしまった』と言う通り、酷評の嵐でした。ただ木村さんは普段からスタッフに対しても気さくで、一緒に仕事をしたい女優さんの一人。本人もそうした声を気にしていたし、気合十分だから、今回は“リベンジ”してくれると思います」(映画関係者)

     ファンからは「どうしてプロの声優を使わないのか?」と疑問の声もあるが、前出の関係者は「特に洋画はメディアに取り上げられなければ、動員につながらない。声優の知名度は芸能人には及ばないから」と語る。

     今後も声優に、芸能人の起用が続きそうだ。


    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    ★1が立った日時:2018/05/30(水) 12:40:06.11
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527657165/


    【なぜ声優より芸能人?洋画吹き替え版起用の裏事情 「声優の知名度は芸能人には及ばないから」】の続きを読む


    『万引き家族』だけじゃない!「是枝監督」おすすめ映画6作品






    『万引き家族』だけじゃない!「是枝監督」おすすめ映画6作品

    2018-05-22 10:52:10(24822 view)

    カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督。家族をテーマにした作品に定評がある。そのおすすめ6作品。『誰も知らない』、『歩いても 歩いても』、『奇跡』、『そして父になる』、『海街diary』、『三度目の殺人』。


    (出典 matome.naver.jp)





    第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。
    20180520-00000002-flix-000-9-view
    現地時間13日の公式上映の是枝監督 松岡茉優、安藤サクラと

    是枝監督は、2001年に『DISTANCE/ディスタンス』で、同映画祭コンペ部門に初出品。2度目の出品となった2004年の『誰も知らない』で、柳楽優弥に史上最年少の男優賞獲得をもたらし、2013年に福山雅治が主演した『そして父になる』で審査員賞を受賞した。今回は『海街diary』(2015)から3年ぶり、5回目のコンペ出品となり、ついに最高賞の栄誉に輝いた。

     日本人監督としては、『地獄門』(1953)の衣笠貞之助、『影武者』(1980)の黒澤明、『楢山節考』(1983)、『うなぎ』(1997)の今村昌平に続き、史上4人目のパルムドール受賞者となる。ステージに上がった是枝監督は感無量の表情。「さすがに足が震えています。この場に居られることが本当に幸せです。この映画祭からは勇気をもらえます。映画を作り続ける勇気をもらえます。対立する人々がつながれるのではないかと希望をもらえます。その勇気と希望を、一足先に帰ったスタッフ・キャストたち、これからここを目指す若い監督たちとも分かち合いたいと思います」と語ると、審査員たちと笑顔で握手を交わしていた。


    『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。是枝監督が、「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」という渾身作で、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆが出演。日本では6月8日より全国公開される。

    20180520-00000002-flix-001-9-view
    パルムドールを手にする是枝裕和監督




    コメント


    名無しさん
    これは本当にすごい。
    目が覚めた。


    名無しさん
    これはぜひ観たい。
    おめでとうございます。


    名無しさん
    日本人4人目のパルムドール受賞、おめでとうございます。
    暗く、殺伐とした事件が多い中、明るいビッグニュースが飛び込んで来ました。
    今後のご活躍も、祈念しています。


    名無しさん
    おめでとうございます!日本人として誇りに思います。
    安藤サクラさん大女優になりました。


    名無しさん
    おめでとうございます。
    樹木希林さんの頑張りにいつも勇気を頂いてるものです。
    素晴らしい。ありがとうございました。


    名無しさん
    是枝監督おめでとうございます。
    監督の作品は幾度も候補に挙がり今回こそはと
    いつも期待していました。
    ついにパルムドール受賞
    本当におめでとうございます。


    名無しさん
    目が覚めたら、びっくりするニュースで、今日は良い事が有りそうだなと思う。
    是非,是非、見たいなと思う。
    おめでとうございます。


    名無しさん
    おめでとうございます。
    タイトルが「万引き家族」なのが少し違和感。
    フランス語や英語でのタイトルが何と翻訳されてるのか知りたいです。


    名無しさん
    松岡さんの情緒不安定な感じが、気になるなぁ


    名無しさん
    この映画観た外国人観光客の日本国内での万引きが増えないと良いが。


    名無しさん
    おめでとうございます
    授賞の瞬間、監督も感激されていたけど、
    中継を観ていたこちらも嬉しく、感動しました
    公開が楽しみです


    名無しさん
    是枝さんの作品嫌いじゃないけど、
    いまいちな作品でもなぜか日本アカデミー賞毎回選ばれたりカンヌとか
    海外行ってたりしてる好待遇が謎すぎる。。
    他にも邦画で素晴らしい監督はたくさんいるのになあ。


    名無しさん
    コンスタントに水準の高い作品を撮ってきた監督だと思うけれど、
    パルム・ドールを獲るほどの決定打がなかったのがこれまでの印象。
    カンヌは常連が強くて、これまでの功績に合わせて賞を与えることもあるから、
    今回はその授賞なのかもしれないね。


    名無しさん
    タイトルからして面白そう!
    また樹木希林さんが出演してるならなおそう思う!
    是非とも観てみたいですね!


    名無しさん
    是枝監督はオリジナル脚本で頑張っている方なので
    原作ありの作品で評価されてる監督とは一味違うよなと思う。
    別に彼を見習えとは言わないけどさ。


    名無しさん
    やったね。おめでとうございます。
    見応えがある面白そうな映画である気がします。
    これは、映画館で観なければいけません。
    大変に楽しみだ。


    名無しさん
    こりゃ、すごいな
    タイトル「万引き家族」?
    なんだこりゃ?


    名無しさん
    凄さがあまり解らず申し訳ないが、
    監督はじめ関係者の皆さま、本当におめでとうございます。


    ラプラスの魔女』(ラプラスのまじょ)は、東野圭吾の書き下し長編小説である。2015年5月15日にKADOKAWAより単行本が刊行された。作家デビュー30周年記念作品で、東野は「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。」とコメントしている。 2015年5月15日の発売から1か月で28万部を超えている。




    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/05/04(金) 15:20:03.91 ID:CAP_USER9.net

    櫻井翔:共演者からの印象に苦笑い 「球体ショック…」
    5/4(金) 13:29配信 MANTANWEB(まんたんウェブ)
    https://mantan-web.jp/article/20180504dog00m200002000c.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000002-mantan-ent

    映画「ラプラスの魔女」の公開記念舞台あいさつに出席した櫻井翔さん

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    人気グループ「嵐」の櫻井翔さんが4日、東京都内で行われた主演映画「ラプラスの魔女」(三池崇史監督)の公開記念舞台あいさつに、共演の福士蒼汰さん、玉木宏さんらと出席。
    櫻井さんの印象を聞かれた福士さんが「何を言っても受け入れてくれて優しい方。とげが一切なく、どこから見ても球体のような方」と話すと、
    櫻井さんは「球体? 球体のような方……。球体ショック……」と苦笑いを浮かべた。

    また、玉木さんは櫻井さんの印象について「しっかり仕事をさせていただくのは初めて。第一線で活躍されているのに、すごく普通。居心地が良く、そして、とげがなくて、丸い……」と語ると、
    櫻井さんは「丸いんだ(笑い)。ありがとうございます」と、再び苦笑いを見せた。

    櫻井さんは、同作が公開初日を迎え「公開するまで、ラッピングされた電車だったり劇場の広告を見たりだとか、日に日にプレッシャーが増していた。
    何とか初日を迎えられて、本当にうれしく思っています」と満面の笑みを見せた。舞台あいさつには、共演の広瀬すずさん、高嶋政伸さん、三池監督も出席した。

    映画は東野圭吾さんのミステリー小説が原作。
    「自然現象下での硫化水素中毒死」という連続して起きた二つの不審*調査を依頼された大学教授の青江修介(櫻井さん)は、目の前で次に起こる自然現象を言い当てる羽原円華(=うはら・まどか=広瀬さん)となりゆきで行動を共にすることになる。
    青江は、円華が失踪した青年・甘粕謙人(福士さん)を探していることを知るが、そんな中、第3の事件が発生し……というストーリー。


    【「ラプラスの魔女」の公開記念舞台あいさつに出席した嵐・櫻井翔:共演者からの印象に苦笑い 「球体ショック…」「丸いんだ(笑)」 】の続きを読む


    ママレード・ボーイ - 産経ニュース
    彼女の人生は間違いじゃない」の廣木(ひろき)隆一監督が、人気少女漫画を原作に、家族の意味を問う青春物語を織り上げた。高校生の光希(みき)(桜井日奈子)は、離婚した両親同士の再婚で、遊(ゆう)(吉沢亮(りょう))と同居することになる。甘くて苦いママレードのような遊にいつしかひかれていく光希だが…。 地 ...
    (出典:産経ニュース)



    (出典 www.fashion-press.net)



    1 名無シネマ@上映中 :2017/09/17(日) 04:51:32.30 ID:3S2i62Od0.net

    小石川 光希は、ある日いきなり両親から「離婚する」ことを告げられる。ハワイ旅行で出会った松浦夫婦と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、お互いパートナーを交換して再婚するのだと言う。しかも、松浦夫妻の息子の松浦 遊も含めて、みんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末。そんな非常識な生活の中、一緒に暮らす遊に惹かれ始めていく。
    やがて、二人は付き合うようになるが、遊は『自分の本当の父親』を探していた。そして両親たち4人が、ハワイ旅行で出会ったのではなく、学生時代からの友人であったことを知り、自分と光希が『血のつながった兄妹』である可能性を疑うようになる。遊は光希に別れを告げて、進学先を『京都工業大学』に決める。
    大学に進学しても、遊を忘れられない光希は、遊に会うために京都に行くが、遊は「彼女がいる」と嘘をつく。しかし、夏季休みで帰省した際、気持ち抑えきれなくなった遊は、自分達が『兄妹』であることを光希に打ち明ける。最後の思い出として、北九州への旅行をした二人は、たとえ禁断の関係であっても結婚することを誓い合う。
    帰宅した二人は、両親たちから『過去についての真実』を聞かされる……。



    キャスト
    小石川光希 - 桜井日奈子(初主演)
    松浦遊 - 吉沢亮

    スタッフ
    原作 - 吉住渉「ママレード・ボーイ」(集英社「月刊りぼん」連載)
    監督 - 廣木隆一
    脚本 - 浅野妙子
    プロデューサー - 小岩井宏悦、松橋真三、北島直明
    配給 - ワーナー・ブラザース映画
    制作プロダクション - プラスディー
    製作 - 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

    公式HP
    http://wwws.warnerbros.co.jp/marmaladeboy/

    映画『ママレード・ボーイ』公式
    @marmalade_movie
    https://twitter.com/marmalade_movie

    2018年公開 VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【[映画]ママレード・ボーイ 桜井日奈子&吉沢亮 part.1】の続きを読む

    このページのトップヘ